車検の通る車の改造と通らない改造の違い

気をつけてカスタマイズする

車をオシャレにしてみよう

タイヤや、車高を変更しようと思っている人が見られます。 その場合は、まず最低ラインを調べてください。 必要な長さを達していなかったり、逆に上限を超えたりしている場合は車検を通過できません。 改造する際は、基準を具体的に調べからパーツを購入しましょう。

車にシールを貼って改造

車に貼るシールが販売されています。 好きなデザインのシールを買って、オリジナリティを発揮しましょう。 シールを貼って良い位置が決まっているので、それ以外の場所には貼らないでください。 目隠しになるフィルムを貼る場合は、色が濃すぎないものを選択しましょう。

変更して良いサイズの基準

車を購入した時についていたタイヤではなく、自分で好きなタイヤを購入しようと思っている人がいると思います。
タイヤが大きすぎると、車検を通らなくなってしまうので気をつけてください。
車体が低すぎても、車検を通過できません。
最低ラインが決まっているので、車高を低くする際は、最低ライン以上は高さを確保してください。
車を改造するのは良いですが、法律で制限が決められています。
きちんと守らないと、車を運転できないので注意しましょう。

防犯のため、窓にフィルムを張る人が見られます。
すると曇って見えるので、安全性が高まると言われています。
ですが曇りすぎると、危険だと判断されます。
仲の様子が全く見えないレベルのフィルムでは、車検を通過できません。
個性を発揮するため、車にシールを貼るのも良いと思います。
ですが貼る場所に気をつけてください。
フロントガラスは、シールなどを貼ってはいけない決まりになっています。

ライトの色を変えることができますが、変えられる部分と、変えられる色が決まっています。
また、左右対称にしなければいけません。
部分によっては白や淡い黄色などの色が許可されていますが、右側だけ白という風にはできません。
両方を同じ色にしてください。
車の安全性を守るために、様々な決まりが決められています。
破ると、走行中に大きな事故を引き起こしてしまいます。
周囲の人を巻き込んだら大変なので、ルールを守って改造しましょう。

ライトの色を変える時の注意

自分の好きな色に、ライトを変更することはできません。 変更して良い色が決まっています。 それ以外の色を使ったら、車検を通過できないので守りましょう。 ライトの色が決まりと異なると、他の車を混乱させるので事故に繋がります。 危険なので、色は絶対に守りましょう。

TOPへ戻る↑