気をつけてカスタマイズする

>

車にシールを貼って改造

貼って良い位置はどこなのか

シールを車に貼ることは。何も問題ではありません。
問題なのは、車のどこに貼るかです。
車高を通過できるようにするためには、フロントガラスは避けてください。
フロントガラスには、何も貼ってはいけない決まりになっています。
シールをフロントガラスに貼っていると、走行中に前が見えなくなって、事故が起こる可能性が高まるからです。

他の部分だったら、どこに貼っても車検を通過できます。
お気に入りのシールを目立たせたいからといって、フロントガラスに貼ることはしないでください。
またせっかくシールを貼っても、汚いと見栄えが悪くなります。
気泡が入ったり、シワができたりするとかっこ悪いです。
丁寧に貼ることを心がけてください。

スモークフィルムを貼ろう

みなさんは、スモークフィルムというものを知っていますか。
窓に貼ると曇って、車内が外部から見えにくくなるシールのことを言います。
車内がまる見えだと、防犯面が心配になるでしょう。
スモークフィルムを貼って、防犯対策をしてください。
いろんな濃さの、スモークフィルムがあります。
濃い方が防犯効果を生み出せると思いますが、濃すぎると車検が通らないので避けてください。

透過率が70パーセント以上のスモークフィルムであれば、車検を通過できます。
パッケージに透過率が70パーセントと書かれていても、車検をするスタッフがおかしいと思ったら、指摘されてしまいます。
少しスモークが掛かるぐらいのフィルムなら、問題は起こらないでしょう。


この記事をシェアする

TOPへ戻る↑